研究不正防止

研究活動における不正防止のための基本方針

平成30年 2月 9日

研究活動における不正防止のための基本方針

公益財団法人 環境科学技術研究所(以下「研究所」という。)は、研究所が進める研究活動において、不正の防止を図り、研究活動が円滑に、また、的確に推進されることを目指し、文部科学省のガイドライン等に基づき、不正防止のための基本方針を以下のとおり定めます。


  1. 事業所の名称
  2. 公益財団法人 環境科学技術研究所


  3. 関係法令、ガイドライン等の遵守
    • 研究費の使用に当たっては、研究費が公金であることを認識し、また、公益財団としての社会的使命感と高い倫理観を持って、研究活動を行うことが要請されているとの認識を徹底します。
    • 業務の公共性を踏まえ、法令等が求めているところを確認するとともに、執行に当たっては、その法令等を遵守し、研究を進めます。
    • 研究活動において、不正行為(捏造、改ざん、盗用等)は行いません。
    • 研究費の執行に当たっては、その使用目的に基づき、研究費の私的流用はもちろんのこと、目的外の流用等は行いません。
    • 研究所における事務手続のルール等を守り、研究費の適確、適切な執行を図ります。

  4. 不正防止計画
  5. 研究費の不正使用防止に関する不正防止計画(別紙)を取りまとめ、役職員等に対し不正使用防止計画の適切な執行を促します。


  6. 所内規程等の継続的改善
  7. 研究所は、研究費等が効率的、効果的に利用されるよう、継続して規程等の改善を行います。


  8. 質問及び苦情処理の窓口
  9. 研究所における研究費の使用、また、研究不正等に関する質問及び苦情についての窓口は、下記のとおりとします。


    【 法 人 名 】
    公益財団法人 環境科学技術研究所
    【窓口の部署】
    総務部企画・広報課
    【 電話番号 】
    0175 − 71 − 1240
    【 メールアドレス 】
    soudan@ies.or.jp

関連資料