受託事業の概況 <<前ページ  1  2  3  4  次ページ>> 受託事業の概況(3)

3. 排出トリチウムの生物体移行に関する調査研究

大型再処理施設から排出されるトリチウム(T)による実証的な被ばく線量評価に資するため、トリチウムの代わりに安定同位体である重水素(D)を用いて大気−作物間、海水−海産生物間でのトリチウムの移行、生物体内での有機結合型トリチウム(OBT)の蓄積、及び人体内でのトリチウム代謝に関するデータを収集し、それぞれの経路におけるトリチウムの移行評価モデルを作成する。

3.1 大気排出トリチウムの大気−植物間移行パラメータに関する実証的調査研究

大気中水蒸気状トリチウム(HTO)から植物の自由水型トリチウム(FWT) への移行パラメータ、植物体内でのFWTから有機結合型トリチウム(OBT)への移行・蓄積パラメータを実験的に求める。

平成22〜23年度の葉菜、平成24年度の根菜の調査に引き続き、平成25年度はイネを暗期に重水蒸気にばく露し、イネの自由水への重水移行速度を測定するとともに、各生育段階で生成されたOBDの収穫時残存濃度のデータを取得した。また、平成22〜24年度に取得したHDOの葉菜及び根菜中への移行データに基づき、葉菜及び根菜の重水素代謝モデルを作成した。

報告詳細
3.1 大気排出トリチウムの大気−植物間移行パラメータに関する実証的調査研究(430KB)

3.2 海洋排出トリチウムの移行パラメータに関する実証的調査研究

トリチウムの海産生物への移行・蓄積に関するパラメータ、特に海産生物におけるOBTへの移行・蓄積に関するパラメータを評価するための基礎データを、室内実験により収集する。

平成23〜24年度の生産者−一次消費者間及び底生生物間のOBDの移行・蓄積に関する調査に引き続き、平成25年度は、二次消費者である魚類(ヒラメ)を用いて、当歳魚による食物連鎖及び一歳魚による海水中のHDOばく露によるトリチウム移行・蓄積に関する調査を行った。また、これまでに得られたアナアオサ及びエゾアワビの食物連鎖を含むトリチウム移行蓄積実験の結果を基に、海水−アナアオサ−エゾアワビの系についての水素移行モデルを試作した。

報告詳細
3.2 海洋排出トリチウムの移行パラメータに関する実証的調査研究(448KB)

3.3 ヒト体内におけるトリチウム代謝に関する実証的調査研究

被験者に重水素(D)で標識した物質を経口投与し、尿及び呼気への排泄を調べ、経口摂取されたトリチウムの代謝モデルを作成する。また、ラットを用いた動物実験により重水素の特定臓器・組織への蓄積の有無を調べる。

平成24年度までに、HDO、重水素標識グルコース及び重水素標識パルミチン酸を被験者に投与し、その後112日間の尿中自由水及び呼気中重水素濃度を測定した。平成25年度は、被験者に重水素標識アミノ酸(ロイシン及びアラニン)を投与し、その後112日間にわたり尿及び呼気中の重水素濃度を測定した。これまでの重水素標識化合物投与実験の測定結果から人体の重水素代謝モデルを構築した。

また、被験者に重水素標識チミジンを投与し、その後7日間の重水素排泄を調べた。さらに、重水素標識チミジンをラットに投与し、所定の期間飼育後に解剖して、投与後100日間にわたる各器官・組織等への重水素の移行を明らかにした。

報告詳細
3.3 ヒト体内におけるトリチウム代謝に関する実証的調査研究(649KB)

4. 排出放射性炭素の蓄積評価に関する調査研究

大型再処理施設周辺地域における土地区分として代表的な森林、牧草地、水田、畑地及び湿地を対象に、施設から排出される炭素-14の植物体や土壌への蓄積・放出を推定・評価できる予測モデルを整備し、大型再処理施設稼動に伴う中長期の影響評価(環境への蓄積等)に資する。

平成24年度までに、チモシー採草地、ダイコン及びニンジン畑、水田における総一次生産速度と環境変数との関係を、閉鎖型生態系実験施設における炭素固定試験及び野外観測データを基に明らかにした。平成25年度は森林について、胸高直径と樹高の毎木調査及び落葉・落枝量の調査を継続するとともに根成長量の調査を継続して行い、地下部を含めた純一次生産速度に関するデータを得た。

また、平成23年度に各試験地に埋設した各対象植物の13C標識体を回収し、野外における易、中分解性有機物の分解速度定数と植物残渣が土壌へ移行する割合、土壌へ移行した植物残渣分解産物が易分解性有機物及び中分解性有機物へ移行する割合を求めた。さらに、実験室における土壌培養実験を約500日間まで行い、易分解性有機物及び中分解性有機物の分解速度定数の温度依存性を明らかにした。この土壌培養実験に用いた土壌中の土壌微生物群集を調査し、構成微生物種に大きな変化がない事を明らかとした。

これまでの結果を基に、耕地(牧草地・畑地・水田)における炭素移行・蓄積を推定する計算モデルを試作し、データ等の正常な入出力を確認した。

報告詳細
4. 排出放射性炭素の蓄積評価に関する調査研究(436KB)

5. 被ばく線量評価法及びα放射性核種に関する調査研究

排出放射性核種による被ばく線量の比較対照として、自然放射線に起因する青森県民の被ばく線量を評価するため、生活実態に沿った環境γ線線量率を求める。また、天然α線放出核種が身近な自然環境中に存在することを示すため、それらの環境中での分布を求める。さらに、大型再処理施設周辺の水圏自然生態系が受けている線量の評価法を開発する。

平成25年度は、青森市の生活環境における環境γ線線量率を測定するとともに、日常生活での環境γ線被ばく線量率の測定を実施した。その結果、生活環境別の年平均線量率は、これまでに青森市の人工物の少ない屋外で測定した年平均線量率と比較して高く、個人の環境γ線被ばく線量率の平均は、生活環境別の線量率及び生活時間統計値から推定される線量率をやや上回った。また、尾駮沼湖心部及び尾駮川における水中の線量率及びニシン中天然放射性核種濃度レベルを求めるとともに、ニシンの被ばく線量率計算に使用する簡易ボクセルファントムを作成した。さらに、六ヶ所村の水田土壌、尾駮沼奥の堆積物における主要な天然α線放出核種は主に210Poであることを明らかにした。

報告詳細
5. 被ばく線量評価法及びα放射性核種に関する調査研究(325KB)

受託事業の概況 <<前ページ  1  2  3  4  次ページ>> 受託事業の概況(3)